自分2.0へ! 50代からの再挑戦・自己覚醒録

人生のリカバリーショットを放つべく再キャリア構築の旅

学んでいないということは、海路を持たずに大海原に漕ぎ出だすようなものである。。。

今から20年くらい前の世の中の空気感として「今の社会は学歴ではなくて手に職(資格)だよな~」という空気が世を覆っていた感があります。学校の先生に「あなたは勉強ができるのだから大学に行った方がいいんじゃないの?」と言われても「私、パティシエになります💛」という進路選択が「それいいじゃん!」と言われた時代でした。

キムタク主演で美容師が主人公のドラマも放映され、実在のカリスマ美容師がもてはやされました。

 

私も高学歴ノーリターンなる本を面白がって読んでいました。

 

 この当時は、苦労して学歴積んでも「高学歴はペイしない」と思ったものですが、いやいやそのような世迷言に惑わされてはいけない。。。と最近は感じるようになっています。

私の息子が現在大学2年生で、そこそこ優秀と言われブランド力のある国立大にいるのですが、大学に入って何が良かったかと聞くと「優秀な先輩がいる」と開口一番答えてました。こういう質の高い人達とのネットワークを大学時代に築くというのは、その後の人生を送る上で本当に様々な場面で効いてくると思われます。

そしてやはり優秀な人達は目端が利くので最先端の時代の流れに合流することができます。私は本人が職人に向いていれば「日本一の左官屋になれ」と言って中学出たら地元の親方の元で修行させましたが、


新沼謙治 左官職人こね太郎

その資質がないのであれば高学歴を積むことは非常に大切なことではないかと今は感じています。私の周囲を見ても高学歴の人は、社会人になってからも学びの意欲が高い人が多いと感じます。

用は何が言いたいかと言うと「役に立たないから」という理由で学びを放棄することの弊害です

たまたま学んでいない人が、持ち前の運と馬力で要職についたりすると本当に組織は迷惑を被りますので、他人様を遭難させて自分だけ助かったりしないで、今からでも本を手に取って学んで欲しい人はたくさんいるなと感じてやみません。

 

 

 

従業員を教育しない(できない)職場は、悶絶するような失敗談であふれています。。。。

私は前述の通りに、学生時代は新興宗教団体の学生組織の構成員だったこともあり、世間と隔絶された生活を送っていました。そんな人間が真っ当な就職先に入れるはずもなく(そもそも就職するという発想がなかったが)

asakazuya.hatenablog.com

流れで入った新興宗教組織の広告代理店で「営業やって」と投げやりに言われて、訳もわからずに、ひたすらアポ取りの電話を掛けまくります。この時に今でも悶絶級の大失態だなと思うことをやらかします。

なんとフリーダイヤルで営業電話をかけまくっていたのです。。。当時はバブル絶頂の空前絶後の好景気だったため、電話帳もビックリの分厚い就職情報誌が学生宅にジャンジャン送り付けられてたのですが、それを元に「電話営業せい!」と言われたので、一番目立つフリーダイヤルで営業電話しまくったのです。その電話は料金が企業持ちだということは大馬鹿野郎のために当然わかりません。

そして何回か電話をかけていくうちに、当然事故ります。「これ!フリーダイヤルですよ!!(# ゚Д゚)ゴルァ👊」と怒られます。。。

この場合には、社員研修もろくにやらないで放り出す会社も悪いと思うのですが、「そんな事も知らないの?」という感じで使えないヤツだなぁ~という扱われかたでした。こういう社員を放置しておくと、また何かやらかして会社の信用を下げるのは自明なのに良くそんな態度が取れるね?という感じです。

まぁこの会社にいた時期は実質1年にも満たなかったのですが、先見の知も教育の環境もない中で自力で孤軍奮闘するという私の宿命の歩みはここから始まりました。。

 

 

 

心理的安全性が担保されない職場環境は発展性がない。。。。

相互信頼が薄い職場環境に身をおいていると、自分を守ってくれる盾となるのが「仕事を属人化させる」という行為です。

情報を占有して「あの人に聞かないとわからない」という状態を作り出すのです。本来的には仕事はなるべくシェアして担当者がいなくても、別の人がある程度のことに答えられるようにしておくのがベストですが、「あの人に聞かないとわからないので」出先であろうとジャンジャン電話がかかってくるように仕向けて「いやぁ~私仕事立て込んでまして」というポーズをつくり”彼はわが社になくてはならない存在だ”とアピールするのが無意識レベルの処世術になります

こんなことするより、情報はシェアして全体で勝ちに行くことを目指していけばいいのですが、トップが独断的な評価をして個人攻撃をするような環境下では致し方ないと思います。

そこで、私はどうやって属人化させるかを考えた時に”代わりが効かない存在”になろうと思ってずっと行動しています。替えが効く仕事は人に任せて、私でなければできない領域、例えば社外に目を向けて対外的な折衝を伴う業務にエネルギーを集中しています。

こう申してはなんですが、新興宗教の思想・信条がブレーキとなって、「外に打つて出る」ということが苦手な社員が多いので、ここの領域は私が攻めるポイントですし、結果として”転職”につながる可能性もあります。

まぁ私の会社は、なかなか特殊な環境なのですが、言いたいのは、誰でも代替できる情報を占有するようなセコイ真似はやめて、自分でなければできない領域を拡大させるよう努めよ!ということです。。

他ならぬ自分自身に言い聞かせています。

 

 

 

キャリア形成の過程で人が意識しなければいけないもの。。それは”運”

私のお世話になっている社長さんが、ある時に事務所に神棚を付けた時に、顧問の税理士の先生から「君もようやくその域に来たか」と言われたようです。まるで釣り好きの人が磯釣りのイシダイ釣りに魅入られるように(by釣りバカ日誌通過儀礼的に経営者であれば”その域”に来る人は来るのであります。

私も結構尖ったスピリチュアルのセミナーに出ることがあるのですが、その社長さんに「こんなの見せて大丈夫かな?」という感じでセミナーの資料を見せると「あぁこんなの当たり前じゃん」みたいな感じで返されたことがあります。

起業する人は多かれど継続し続けられる人はそう多くはない事実がありますので、頼れるのものは己の才覚のみ。。という覚悟で皆歩みだすのでありましょうが、やはり人の心というものは拠り所を必要とするのであります。。。

抜き差しならない事態になったときに人は”運”というものを意識せざるを得ません。古来より政は呪術や宗教儀式と切っても切れなかったように”運”を司っている何者かの存在により頼む。。祈りとは人間が人間である限り極めて自然で美しい行いであると感じます。

”運”とは無関係なシステムに保護された世界に生きている人々は、世の人々から見たら羨望の的かもしれませんが、より高次の存在から見た時に退化した哀れな人種と見られているのかも知れないのです。(あるいは地球の重力に魂を引かれたものか。。。)

SNSのキラキラなタイムラインを賑わしているのは、深層の令嬢ならぬ、ニューリッチなマダム達でして、みなさん揃ってオシャレで素敵なスピリチュアルな集いを開催されていて羨ましい限りなのですが、穿った見方をすれば、「オタク様のキラキラは全てご主人の働きがあってこそ成り立つのでしょう。。。」という嫌味を言ってあげたくなってしまいます。(友達申請してこないでね💛)

 

大分話がそれましたが、人の人生において理屈通りに運ぶことばかりではなく、どうしても目に見えない存在と対峙せざるを得ない場面で、明らかに”覚醒”を促されているとう事を悟ることが次のステージに移行することに繫がりますし、まさに運を運ぶことにつながると感じる次第です。

 

 

今までの常識を疑い変化に対応せよ。。

2020年という年は、近代史においても相当のインパクトを残す年になるのではないかと予見しています。

数年前から「ライフシフト」という本が引き金となり、人生100年時代に人々の働き方がどう変わらなければいけないかブループリントが示されたように思えたのですが、政府主導の働き方改革は残念ながら、その本質をとらえることができず、時短勤務や男性の育児休業取得の指標を出しただけに感じました。

日本という国は、改革をするには常に外圧を必要とするようです。遅々として改革から背を向ける日本の集合意識を強制リセットするかの如くに登場したのが昨今の”コロナ禍”であると私には見えています。

これである種、ガラガラポン。。各自スタートラインを同じくされた。。。と感じとっている人も多いでしょう。。

私はこういう情勢下においても「変化を拒む人」というのはスゴイなと感じます。どうしてそうまでして世の中の動きに背を向けられるのか不思議で仕方がないのですが残念ながら日本はそういう残念な大人達であふれた社会で、昔なら年長者が持っていた見識、その道の一家言、人生の深みや教養を感じさせてくれる人が本当に少ない。。。”劣化したオッサン”ばかりに感じてしまいます。

これからの時代にどのような人をベンチマークすべきかと言えば、変化率の高い人に尽きると思っています。

人を信用する物差しが、学歴や職歴といったわかりやすい経歴ではなく変化の度合いにシフトしていくのではと個人的には予感しています。

先進企業の知見に触れることは大切です。。。。

 随分前に世界ウルルン滞在記という番組がありました。

dizm.mbs.jp

私も好きで良くみていました。ホームスティ先の人達が皆いい人達で、「どこの国でもいい人はいるんだな」という当たり前の真実を目の当たりにさせてくれる番組でした。

そこで私が印象に残った会があるのですが、家族全員が漁をして生計を立てている家に確か自衛隊出身のタレントがホームスティしたと思うのですが、そこの息子から「お前のようにTVの仕事をして生きている人間がいるのだと知って、この生活以外の世界があることがわかった」みたいな感じである種の気づきを与える場面がありました。

日々の暮らしばかりをしていると、あまりにもそれが当たり前になってしまい違う世界があるのだという視点が入ってこないんですね。

まぁ入ってきたところで自分とはかけ離れた世界だと思えばそれまでですが、大事なのは自分の住んでいる世界とは違う世界を”知る”ことがなければ何もはじまらないということです

知ったあとに、どうするか?!という個人の選択が発生してきます。。

例えば世界最高峰の英知が集まるGoogleではどのようなマネジメントが行われているのか。。。

ix-careercompass.jp

 

こういう現時点での最高峰の英知を知ると、現在のパワハラ職場が”在り方”としておかしいということに気づきます。

気づきの連鎖が起こることで、集合意識が変わります。職場環境で気づきの連鎖が起こるとは限らないので、まずは積極的にSNSで自分の”気づき””Aha!体験””クオリィア”を共有していくことが大切です。

 

 

 

 

 

勉強会始めます!

まだ、始まってもいないのに宣言してしまおうと思います!自分発信のために勉強会をしてまいります。

地元の知人がFacebookのグループで学び合いのコミュニティをつくってくれまして登壇者を募集しているので、いの一番に”ハイ”と手をあげました。

正社員での転身が今は難しいのであれば、プロフィールを充実させていって”取れるものはなんでも取る”という姿勢で仕事を取っていきたいと思っています。その前段階として、まずは自分が持っている内容を惜しみなく情報発信していけば後からマネタイズできる道があるのではと思います。がんばるぞ!