自分2.0へ! 50代からの再挑戦・自己覚醒録

人生のリカバリーショットを放つべく再キャリア構築の旅

「何をやるか」より「誰とやるか」 良き人との出会いを求めて。。

今から15年以上前、日本におけるインターネットのブロードバンド 黎明期に非常に社会的インパクトを与えた”Y〇〇〇〇!BBの拡販に心ならずも携わっていた時期があります。甘露の慈雨のごとき恵みを与えてくれたお仕事ではありましたが、それとは引き換えにあらゆる不品行な行いを目の当たりにしました。ソフ〇バ〇ク本社もこういう事態を看過していたわけではないのですが、とにかくテンポの速さが身上の会社だけあってあらゆる事が”アンコントローラブル”だったと思います。

同じ販売スタッフ同士で「”報道特集”で取り上げてくれないかな?」なんて揶揄し合っていましたね。

販売の現場で幅を利かせているのは、そろいもそろって人相の悪い外部委託の連中で「この品性のかけらもない連中に指図されてやるのか」と暗澹たる気持ちになったものです。

仕事の中身自体は嫌ではなかったのですが、とにかく関わる人々の品性の無さ”えげつなさ”に辟易としていました。

かようなことから、仕事は「何をやるか」よりも「誰とやるか」の方がはるかに重要であると思います。

仲の良い友達同士や愛し合う恋人同士であれば、どこへ行っても楽しいし、何をやっても楽しいのだと思います。逆に嫌いな人同士であればハワイ旅行も苦痛で仕方ありません。同じ時間を過ごす場合には、絶対に自分と相性の良い人や自分が尊敬できる人、信頼できる人と共に過ごしたいと思うのは人の常でしょう。

その「誰と」の部分をどうやって選択するかが大切です。

キャリアの岐路に立っている。。というよりも崖っぷちまで追い詰められている自身にとってこの「誰と」の部分を選択できるのかどうか。。。

正直、転職というアクションから自分が望むような”層”が多い職場環境に転身できるかどうかは確率的にはかなり薄いと思われます。

ではどこで”よき人との出会い”の確立を上げていくのか。。。というと自分が取り組みたいテーマや関心のある物事にちなんだイベントや勉強会に出かけて行って相まみえる事でしょう。

ここ数年ずっとそういうアクションをしてきましたが、薄い縁が広がりところどころで濃いポイントが出来て随分と人生が豊かなものになってきたと思います。まさしく、「ライフシフト」で提唱されているような、人生100年時代を豊かに生きるための、SNS上での広くゆるやかな繫がりと、自己再生可能なコミュニティを築きつつあります。

リアルで良い邂逅を得るためにも「読書」というものは不可欠で、私がわざわざ長距離通勤をしてまで都内の会社に通っているのは、”都内の図書館を利用するため”と言っても過言ではありません。

私は実は読書に目覚めたのがつい最近で、日本の文学者の代表的な作品もろくすっぽ読んでいない人間なのですが、本当にリベラルアーツの力が”今ここで必要”と感じていますので、自分がコントロール可能な積み重ねを続けていきたいと思います。

最近は、古事記から古典の哲学書などにも関心が出てきて「とりあえず借りてみる」という事をしています。今は電子管理のために、本の裏表紙に貸し出しカードがなくて風情に欠けるのですが、手に取った本から「こういう事を学んでいる良き人がいる」という微かな連帯感を感じています。

 

 

 

対人関係をうまく運べないコンプレックスについて。。。。

太宰治の小説「斜陽」は終戦後の没落貴族の悲哀が描かれた物語ですが、物語の終盤に自殺してしまう、弟の「直治」が主人公の姉「かず子」に宛てた遺書の下りを読むと、この切々と語られる”直治の独白”に否が応でも引き込まれてしまうのです。

僕は下品になりたかった。強く、いや強暴になりたかった。そうして、それが、所民衆の友になり得る唯一の道だと思ったのです」

という下りに「わかる!」と膝を打ったものです。

元々がこの直治的な気質を持っていた上に、10代後半で新興宗教に傾倒し、今から考えれば「洗脳」状態になり、性に対する恐怖心を植え付けられ、完全に精神的に去勢された”直治崩れ””がこの世を渡るのはあまりにも葛藤が強かったのです。

ここで、補足をしておくと、この宗教やら信仰に対する捉え方や解釈の仕方というのは、実に人それぞれで、「それはそれ」としてよろしくやって上手に生きている人もいれば(そうでないと生き残れないが)真面目に解釈しすぎて偏執的になり過ぎ、周囲を破壊に導くが自分は元気という人など(ろくでなしばかり?!)実に色々なタイプの人がいます。自分の場合は、簡単に言うと資質に合っていなかったということだと思います。

さて、その”直治崩れ”になりながらも、なんとか社会で自分の居場所を見出そうとして、もがき続ける辛く長い旅が始まりました。

様々な会社で就業しましたが、恐らくは否、確実に周囲からは「こいつ変わったヤツ。。」「線が細すぎる」「やさしすぎる。」「ゲイなのか?」「なんで自分のことあまり話さないんだろう」といった印象を持たれたはずです。。。。。?!

とにかく世の中にシンクロすることができないというのは新興宗教を離脱した人間がかかえる共通の悩みだと思いますが、どんなにがんばっても、それおかしい考えだからとわかっていても自力で洗脳の呪縛を解ける人はそういないと思います。

これは、旧日本軍の先陣訓「生きて虜囚の辱めを受けるべからず」が、終戦後も元兵士を苦しめた。。という世界と似ています。

表面上は、会社のデスクで粛々と仕事をしているのですが、もう過緊張で体のあちこちがチック症状が出ていました。タイムスリップしてあの時の自分に会えたら最大限の優しい言葉をかけて労わってあげたいと思います。。。

現在は、すっかり解脱できているのですが、その解脱のきっかけになったのは、現在心ならずも就業している会社のイベントなどで、教会幹部の在り様を見聞きしてからです。

asakazuya.hatenablog.com

「あっ!なんだ!!そういうことだったんだ。」と気づきを得てからは早かったですね。

お蔭様で現在は、知っている人が一人もいないイベントに赴いても、それなりに楽しく過ごすことができます。自分がどういう場に赴いたら楽しいと感じるのかも良くわかっているので「大外れ」を引くことはまずありません。

しかし、この日本という国は、世界でも屈指の男性性優位社会で、粗野で粗暴でありさえすれば居場所は得られる。下品で生きる事に貪欲であればそれが使える男、できる男である。とういうのが皆が口に出さなくとも感じ取っている空気なのではないでしょうか。。。。

asakazuya.hatenablog.com

卑近な例で言うと、地元の工業高校を卒業して、在学中は暴走族にも関わっていた関係で先輩の紹介で自動車修理工場に勤め、そこで様々な技術を習得後は独立、いつの間にか地元の顔役でお祭りの時には率先して神輿を担ぎ、消防団長も務める。

地元であればどこへ飲みに行っても顔なじみがいる。結婚は早かったため40代で子育て完了。。こういう人物は案外、親や親戚の評判が良くないですか?

私も、こういう人達嫌いではないし、できれば仲良くなりたいですけど、残念ながら仲良くしてはくれないです。直治よろしく”付け焼刃的な下品””が鼻につくのでしょう。

どこへ行くにも鈍感で粗野な人間の方が生きやすく、繊細で、ある種人からいい人と言われる人が生きづらい世の中ではありますが、人が体験しないことをし、人が感じないことをたくさんしてきた経験は、必ず意味あるものに価値転換すると信じて、すべての体験を統合して世の為、人の為に生きて生かされる私となろうと思います。

学力コンプレックスについて。。。。

私は高校2年生の時に、今でいう”パニック障害”になったり色々とうまく人生を運べない出来事があって学校も休みがちになり、完全にドロップアウトしてしまいました。それまでは国立大学を目指して勉強をがんばっていたのですが、どうにもそのがんばりが尖り過ぎていて自分を痛めつけていたと今は感じています。また高校の先生方の人を教え導く教師としての姿勢を全く感じず幻滅してしまったことも、勉強に対する意欲を失った事に大きく影響しています。

私は自分の資質的に「尊敬する人のために頑張りたい」という近衛兵や執事のような気質があるのですが、権威に対して無条件に従う事。平たく言えばバカ殿に使える”爺”のようなことは本当に苦手なのです。

人生において、少しでも向学心のある人が高校生時代に十分に勉強できなかった。ドロップアウトしてしまったというのは、後々尾を引くことになり、大学入学時に奮起して頑張れば良かったのですが、入学早々に新興宗教に傾倒したこともあり、大変勉強がおろそかになりました。今考えれば言い訳かもしれませんが、その当時は視野狭窄が過ぎて教義の勉強ばかりしてました。

asakazuya.hatenablog.com

で大学の4年間を、完全なバカ。。。「完バカ」状態のまま社会に出ることになりました。空手バカであれば己の片方の眉をそり落として「馬鹿よ!」と高笑いすればよいのですが、

f:id:asakazuya:20200311111901j:plain

空手バカ

あいにく、只のバカは使い物にならないわけですから、本当にどこへ言ってもピンボールのようにつまはじきにされた苦い体験があります。よくぞ自尊心を保っていたなと思いますが、そもそもそんなものが無かった気がします。やはり新興宗教は若者から全うな自尊心を奪い思考停止の操作しやすい人間をつくる術に長けているのでしょうね。

すっかり学習欲が薄らいだ惰性の日々を過ごしていたのですが、40代半ばくらいから徐々に本を読むようになり50歳を過ぎた今が一番、人生史上で学習欲が高い状態です。

うっすらと種火のように残っていた「自分は勉強ができるはずだ」という自己確信と、あまりにも現実を生きることが困難で、「自分の人生を変えるためには新しい視座に立たねば解決できない。そのためには学びが必要だ」と腹落ちしたことが大きいです。

求人案件などを見ると、一番ネックだなと感じるのが「英語」です。まぁ仕事はさておき、このまま英語で外国人と会話を楽しめず、日本語だけしか操れずに人生を終えるのもどうか?と思うので自己満足だと思いますが、英会話を継続して学びたいと思います。

いつの間にか、学力コンプレックスが学ぶ原動力になっていることに気づいたこの頃です。

 

人の浅はかな図り事を超えて、天命・使命に沿うように生きると生かされる。

人のキャリア形成は、その人個人の”意思の力”だけでどうにかなるものではなく、多分に環境的要件。。はっきり言えば”運”によるところが非常に大きいと感じます。

日経新聞の「私の履歴書」等を読み込んでいくと、「私はこのように頑張りましたので、このような人生の成果を得ました。」ではなくて、色々な困難があったけどターニングポイントで恩師との出会いがあり、今の私があるのです。というストーリーに集約されるのではないでしょうか。。。

YouTubeで元巨人の桑田投手の対談をチラ見しましたが、「あの桑田さんでもPLに入った時に辞めようと思ったのか。。。」という下りを話していました。。なんでもフォームを改造させられて球が走らなくなり、ライトにコンバートされたのですが、たまたま練習を見に来ていたオッサン(失礼)に素質を見出され(すごい先生らしい)て見事に一年生からエースとして活躍することになります。

その後も巨人に入団後、同じようにフォームを改造させられて一年目は活躍できなかったのですが、これもたまたま練習を見に来ていた宮田氏からアドバイスを受けて二年目の大活躍へとつながります。

たまたま練習しているときに見てくれた。。。この薄い縁がなければ、桑田真澄という大投手は生まれなかったかもしれないんですね。

この薄い縁を広げていくためにも、自ら情報を発信し、人との出会いのチャンスがあれば出かけていくという姿勢が大切なのではないかと思います。

 

自身の現状を鑑みると、ブラックな就業環境で非常に苦しく、転職活動等もどうしていいかわからず、離脱したい一心で、様々なコンサルを受け、望む未来をビジュアライズしたりしていますが、もっと大きな天の図り事があるのかもしれないとふと感じました。

 

昨夜たまたまラジオを聞いていたら、霜降り明星のツッコミ担当”粗品”さんが、なんとクラッシック音楽の紹介番組のパーソナリティをしているではないですか。。。おそらくはこの粗品さんと同じような仕事をしたい音楽関係者は山ほどいるでしょう。。しかし”選ばれたのは彼”でした。

 

粗品さんは”夢以上のものが与えられた”と言った内容のコメントをしていましたが、粗品さんがクラッシックの話をするからこそ波及効果が高いんですよね。。クラッシックへの扉が開いたのはM-1優秀時のコメントだったようですが、目の前のお役目である、お笑いに一生懸命になっていたからこそ、もたらされた果実であると感じます。

 

人のキャリア形成というのは、自分の浅い現在地の認知から発想しない。。端的に言うと”策を弄しない”で、自分の直感を信じて取り組めることを取り組んでいけば、やがて天命・使命に沿った生き方になり、いつの間にか、与えられた役割が夢を超えているということになるのではと思います。

 

 

キャリア不問の採用を待ち望む。。

以前も書いた内容かもしれませんが、何気なくTVを見ていたら造園業を営んでいる若い女性社長の奮戦ドキュメンタリーを放映していました。経営的に厳しく”倒産”の文字が頭をかすめるような状況でしたが、ここでこの女性社長が発する一言が「あの子たち(社員の職人)の履歴書を汚したくない。。。」だったのです。。

 

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

いやいや会社の倒産はよくある事ですし、勤めている会社の倒産は本人の責任ではないですし、同じ業種であれば大丈夫ですよ。。と下手な慰めをかけたくなるくらい深刻に考え込んでいたシーンが印象深く記憶に残っています。

このことから、日本では”会社を変わることは汚れ”と捉える集合意識が強固につくられているのだなと感じました。

 

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

そこで”ネガティブな退職理由をポジティブに言い換えよう”とは転職アドバイス本等で良く出てくると思うのですが。。。

【リクナビNEXT】で転職!

まぁ私もかって転職活動した時に「キャリアアップのために」と言い換えて失笑を買っていた記憶があります。

( ´艸`)ププッ

 

結局は、「①継続した仕事内容を経験し②過去の経験から即戦力が見込めると思われる人材を採用したい」という採用側の意図と、綿々と続く排他的で前例を重んじる日本的文化慣習を色濃く反映しているのが今の転職市場なのでしょう。

 

こんなところで勝負をかけるのははっきり言って「バカバカしい」の一言です。

 

キャリア形成は多分に運に左右されることがあって、たまたま就職氷河期だった、たまたま就職した会社がブラックだった。たまたま病気になったetc。。。でも再チャレンジしたい!という人はたくさんいると思うのです。

 

 

 

「ポトスライムの舟」の主人公の女性のように、新卒で就職した会社のパワハラで潰されて会社で就職して働くということに恐怖感を持ってしまい苦しんでいる。。。という人もかなりの数いるのではないでしょうか。。。

 

ポトスライムの舟 (講談社文庫)

ポトスライムの舟 (講談社文庫)

 

 

ライフシフトで提唱されているような、多様な働き方を実現できる社会にするには、市中に横たわる社会文化や、日本人の現在の集合意識が変わらなければ難しいと感じていた最中に、新型コロナウィルスの全世界的な流行が。。。。。

 

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)
 

 

多くの会社がテレワーク対応で感染予防対策に勤める中、対してやるべきテーマのない私が身を置く会社は(やるべきテーマがないからこそ集まるしかないと思うのだが)相も変わらず通常出社なのですが、その一方でテレワークをしてみたら、十分に仕事ができたと多くの企業に気づきを与えるきっかけとなったのが、このコロナ騒動なのではと思います。

遅々として進まなかった働き方改革が”コロナ騒動”で急に改革が進むかもしれません。

 

この2020年という年は、気づく人と気づかない人とに大きく分かれる審判の年となるでしょう。。

 

 できる人というのは”あるものをうまく使う”ができる人だと思います。バカと鋏は使いようというやつです。

 

天才バカボンBOX 1~7(7点7冊セット) (竹書房文庫)

天才バカボンBOX 1~7(7点7冊セット) (竹書房文庫)

 

 どの道、労働者人口が減ってくるのですから、どんなキャリアの人であろうと活用せざるを得なくなると思われます。学歴不問はもちろんのこと、「キャリア不問」の採用を待ち望みます(^^)/

 

 

素直に自分の長所をみつめてみる。

私が今までの人生で他者からどういうことを言われた経験があるか。。自分では気づかない良い所を褒められた経験ですね。これを列挙してみたいと思います(恥ずかしい)なるべく第一印象とか接触頻度の少ない人の意見を取り上げてみると。。。

 

①スーツが似合いますね。。「そうなの?」という感じしか持てないのですが、複数の女性から言われた経験があるので、そうなんでしょうね。ちなみに昨年鑑定して頂いた華僑秘伝の”門”では、私は陽官門が持って生まれた門(資質)で、すべての門の中で一番肩書が映えるとのことです。しかもスーツ(制服)が似合うとのこと。。。

 

②優しい。。これも複数の女性から「あ~っ優しい(⋈◍>◡<◍)。✧♡」と言われたことがあります。話し方が優しいみたいです。男性からも「アサカズさん優しいもんね」と言われたことがあります。自分でも優しいと思うのでこれは間違いないでしょう。

 

③イケメン。。こっぱずかしいのですが、子供の友達(女子)から「ヨッ!イケメン」と囃されたことがあります(実に(/ω\)はずかしい)あとは妙齢?のバーのママとかから言われがちです。これも自分でも「そうなの?」という感慨しか持てません。だったら何故?モテにつながらないの?という素朴な疑問があります(置かれた環境や、私自身のメンタルブロックによるところが大きいのではという自覚症状はある)そういえば先日行った理容室で担当頂いた方から「素敵です(⋈◍>◡<◍)。✧♡」と散髪後に言われたなぁ~。私は素直なのでお世辞とは受け取りたくないです(^^)

 

④声がいいね。。。これは自分でも自覚があります。今年の目標の一つは朗読検定合格です。声の仕事にどっかひっかからないかな?と夢想しています。先日の勉強会で順番にテキストを読んでいると講師の先生から「おっ!いい声だね。声優さんみたいだね!」と褒められてうれしかったです。

 

➄優秀だね。。。これは20代の時に、マジで感心した?先輩からよく言われました。その後も派遣会社の営業からよく言われましたが、その時は自分とミスマッチな仕事をしていた感があったので、なかなか素直に受け取れなかったのです「私のどういうところが優秀だと思うのですか?」と聞けば良かった。。。どうして今は身近な人から言われないのかな。。。

 

⑥話が面白いね。。これは良く言われます。最近の読書会で各自今日の感想を発表する場では「聞きほれちゃいます。」と言われました。(男性から言われました。ちょっと残念?)

 

⑦子供さんと仲いいですね。。これは自他ともに認めるところです。これしか取り柄がないと言ってもいいくらいに子供達とは仲良し💛

 

⑧若いですね~。。。同年代の人より10歳くらい若く見られる容姿なので良く「え~っ自分より年下だと思った。。」という場面は多いです。

 

中性的ですね~。。これはそういう見た目と雰囲気なのでしょうね。女性ばかりのイベントに男一人で参加しても違和感ない?ようです。

 

手がきれいですね。。手フェチだという女性から言われたことあります。「そんなとこ見ているんだ!((((;゚Д゚))))とちょっとびっくりしました。これも自分では全く自覚ありません。

 

この人がサラリーマンを続けるにはよっぽど自分を抑圧しているんだろうなと思いました。。。。これはクリエイティブな仕事に向いているという婉曲的な言い方と好意的に捉えています。

 

あなただったら信用します。。ブラックな会社でイリーガルな営業を余儀なくしていた時に何度か言われました。すみませんご迷惑おかけしました。。。。。

 

ちょっと思いだしたことを書き連ねてみました。人は他人から不当な評価で怒られたことはいつまでもグジグジと覚えているくせに、人からほめられた経験は案外忘れてしまいがちです。この何気なく褒められたことの中に自分の強みが眠っていると思うので、最低でも50個リストアップしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

自分に生まれて来たことの意味。。

良く巷では、”自分探しなど無駄なことだ”と人生のレールに乗れずにドロップアウトしながらももがき続ける人に冷淡だったりしますが、私は人間とは自分探しをせざるを得ない存在なのではないかと思っています。

自分から出発しないで、自分に備わっていない外側の何かを得るために努力したり、自分以外の何かになろうとすることこそが無駄なことなんだなと今更ながらに思っています。

もし自覚している自分の資質を無視したり無理に矯正して、外側の世界でうまくいっている型に合わせて生きるなら、それは一見うまくいっているように見えて自分の人生を生きていない。。結局「それなら最初から自分に生まれてこなくてもよかった」という命題に行き当たります。

存在しているものは全て意味があってそこにある。。どうにも人間のベースとなる個性や人格特性というのは18歳くらいまでに形成され一生変わることがないようなのです。そういった意味で「子供の頃は何になりたかった?」という問いは自分の原点を知るという点で有効です。

一生変わらない自分の資質。それは江戸時代に生まれようが、100年先に生まれようが自分が自分である限りこれは譲れない、これこそが自分だという資質を最大限化させる。そのためにどうするか。。。

そういう根源的な問いを発し続けて形にする。今から以降はそのためだけに生きると決意して参ります。