自分2.0へ! 50代からの再挑戦・自己覚醒録

人生のリカバリーショットを放つべく再キャリア構築の旅https://blogmura.com/ranking/in?p_cid=11013598

ベーシックインカムは賛成派です。

本日のお題はベーシックインカムに関してです。参考までに過去記事ではこんな感じで言及しています。

asakazuya.hatenablog.com

 

セーフティーネットとしてのベーシックインカムを導入すると、「旧共産主義圏のように人々の労働意欲が削がれ社会の生産性が落ちる」という意見を聞くこともありますが、ベーシックインカム制度では稼ぎたい人は更に稼いでも良いので、モチベーションの高い人の足を引っ張ることは無いと思われます。

対して生活保護制度では、稼いではいけない」のですから当然無気力になりかねません。。。がんばって働いてもワーキングプアならば生活保護の要件を満たしていた方が良い。。となってしまうでしょう。。。

 

私はベーシックインカム制度を導入した際に社会変革的に期待できることとして雇用の流動性の促進があげられるのではないかと思います。。

所謂人生100年時代に適合したポータビリティの効く多様性のある働き方の実現の可能性を帯びるのではないかと思うのです。

ある人生のステージで学び直しの必要性を感じ、大学や専門学校でもう一度学びたいと思っても生活を下支えする原資がなければ、なかなか踏み切れないという人も多いと思うのですがベーシックインカムによってそれが可能になるのです。

何よりも人権無視のブラック企業が日本で蔓延しているのは「従業員の弱みに付け込んでいる」からです。(と言い切ってしまう)お金にために仕方なく会社にしがみついているという人は本当に多いと思いますが、これは雇用主も従業員も幸せにしないばかりか社会的にも損失も生みます。

従業員が声を上げやすい環境を下支えする社会的原資があれば、不当なハラスメントに我慢を強いられる必要性もなくなり、ブラック企業の撲滅、社会の浄化につながるのではないでしょうか?

現実的には制度設計をどうするのか?とか実現までには多くのハードルがあると思いますが真剣に考えている政治家には是非詳しくお話をお伺いしたいと思うこの頃です。

 

 

 

 

 

 

 

それは愚問というものでしょう。。。

先日、久々に「転職理由」を語る場があったのですが(Web面接)この転職理由なるものを極めて自然に流れるようにプレゼンテーションするかが面接巧者の腕に見せどころとも言えます。

統計的に転職理由の第一に挙げられるのが間違いなく「人間関係」です。

 

f:id:asakazuya:20211106101032p:plain

しかしながら転職理由として率直に「人間関係のトラブル」や「上司のパワハラ」を面接官に話すと概ね反応は良くないはずです。面接官は「人間関係のトラブルで辞めた人間は他の会社に行っても同じ人間関係のトラブルを起こすのではないか」と的外れな発想をする人が一定数います。

昨今はありがたい事にパワハラの認知が進み「パワハラで我慢しないで辞めていいんだよ。。」というメッセージで溢れている感がありますが、実際にはメインの転職理由としては成り立たないと言ってよいでしょう。

その事を皆本能的に知っているので、なかなか会社を辞められないのです。。

先日久々に退職理由に思いを巡らせた際に、「そういえば、こんな事やあんな事がいっぱいあったな~」と過去のパワハラ体験を懐かしく?思い出しました。

ある暴君は、国からの補助金を受け取るために中高年を積極的に採用していました。もちろん使えなければ見切りが速いので数か月で自己都合退職に追い込みます。この「自己都合退職に追い込む」は全ての社員に共通した仕打ちでして、中高年を一斉にリストラした際のみならず、高卒社員をもさんざん追い込んでいました。

この高卒社員にも悪い所はあるのですが、社会人経験も浅く会社の教育体制もない中でやむを得ない部分も多く、私も見かねて「君はまだ若いから他の会社に行った方が良いよ」と本人に言って転職先を紹介してあげました。

たまたま本人に見合った案件があったので良かったです。

まぁとにかく「毎日どうやって社長の暴力的な圧をかわそうか?」という環境下で二年も頑張ったのは我ながらスゴイ偉業だと思っています。

残念ながら運よくある程度まともな職場環境で長年過ごした人からすると、こういう異世界の出来事は知覚さえできないようで「何故こんな短い期間で辞めたの?」となってしまうようですね。

日本人が会社を辞める以上、そこにはよほどの理由があるのです。その質問は愚問というものでしょう。。

転職理由を聞いてもいいけど、転職希望者のホンネを聞く意味でも、きちんと「転職理由がパワハラ等の人間関係に纏わるものであることは、わかっていますので、よろしければ開示可能な範囲でお話できますか?」

というメッセージを相手に伝えた方が絶対良いと感じるこの頃です。

ちなみに先日面接を受けた会社は、業界ではあまり評判のよろしくない会社で書類が通った段階で葛藤が合ったのですが「実際に会ってみなければわからない」と自分にいい聞かせて面接に臨みました。結果は予想通り折り合わなかったのですが、やはり嫌だなと思ったところは赴いてはいけないなと感じた次第です。

 

 

 

まるで御仏のように俯瞰し静観してひたすら見つめること。。。

世間的にはコロナ禍という事もあり、今年のハロウィンは自粛ムード一辺倒かというとそうでもなく相変わらず渋谷では狂騒が繰り広げられたようです。

bunshun.jp

私は以前、娘とコミックマーケットに行ったことがあり、そこでもコスプレイヤーが思い思いのコスプレを披露していました。最近は運営側のガイドラインが厳しくなりつつあり、特に女性の過度な露出はNGです。それでいうと今回の渋谷でのコスプレ女子は完全にアウトですね。(^^;;;

その一方でまるで映画「ジョーカー」の一場面を地で行くような事件が発生したりと、なかなかハロウィンというのも穏やかな祭典ではない感じですね。。

abema.tv

こういう話もそうかなと思わないでもないです。というかそうなんじゃないの?

pinfluencer.net

この10月は何かと個人的にメンタルが厳しい月でしたが、開けて11月1日の今日は何故か空気ががらっと変わったというか思考がスッキリした朝を迎えています。色々と心配事や迷いに押しつぶされそうな10月でしたが、何かが違ってくるような仄かな兆しを感じつつある朝です。。

今月の27日は誕生日だったのですが、その前日に素晴らしい虹を見て「これは吉兆」と感じました。その誕生日に実はWeb面接だったのですが見事に撃沈!

エントリーを出すも出すも全部書類が通らず、唯一書類選考が通った会社は自分としては葛藤する会社で、業界では決して風評が良くない事から「ここだけは行きたくない」と思える会社でした。それでも実際に話を聞いてみないとわからないからと面接を受けたのですが、やっぱり噂通りの社風を伺わせました。。面接はグダグダだったのですがうまくいかなくて本当に良かったです(^^)

今朝は日課鎮守神社の参拝と、御真言を詠唱していたら何か深い悟りが訪れて、自分自身を大きく宇宙的に広げて御仏の目で出来事を俯瞰するイメージが沸きました。

個人として見た時には、懊悩するしかない状況であったとしても宇宙的視点からするとさざ波にもならないような出来事なのかもしれないなと思えたのです。

今までは、外側の要件に自身を適合させて流れに任せていたのですが、これではどんなに頑張っても自己喪失は免れず、必要ないとなったら捨てられます。

真に自分自身の在り方で生きる!そう決めて世界に影響を与える生き方を選ぶ。。そういう時代が幕をあけたと感じる11月1日です。

ちなみに111のエンジェルナンバーの意味は。“早く行動を起こしてください、という緊急のメッセージです。あなたの望むことだけに集中するようにしてください。恐れを考えることにエネルギーを費やしてはいけません。変化に向けて、ポジティブに。どんな恐れも天に預けてください。”

望むことだけに集中します(^^)/